ガジェット

【M-XT3DRBKをレビュー】安い・便利が揃った良コスパのトラックボール

先日のamazon prime dayでELECOMのトラックボールのM-XT3DRBKを購入。

LogicoolのM575をメインのマウスとして会社と自宅で扱っていましたが、持ち運びが面倒になり会社用のトラックボールをコスパ重視で探していたところ、このM-XT3DRBKに出会いました。

当記事ではこのELECOM製トラックボールのM-XT3DRBKを今最も売れているトラックボールのM575と比較しつつレビューしていきます。

ELECOM製M-XT3DRBKのスペック

ポイント

メーカー名:エレコム
タイプ:トラックボール
価格:3,580(僕が購入したときは2,500円)
ボタン数:6
接続方法:レシーバー

トラックボールのM-XT3DRBKは大手パソコンサプライメーカーのELECOMが発売しています。

ELECOMの商品といえばどこかチープな印象だけど使いやすいイメージです。

ELECOM製M-XT3DRBKのレビュー

では早速、M-XT3DRBKのレビューをしていきます。

ポイント

  • 価格
  • 梱包
  • デザイン
  • 使いごこち

価格について

M-XT3DRBKは2,500円で購入しました。

トラックボールで2,500円は本当に安いです。


メインマウスで利用しているLogicool M575の価格が5500円ほどだと考えると破格さが分かるのではないでしょうか。

安物買いは失敗するイメージがありますが、そこは流石ELECOMさん最低限のコストパフォーマンスは発揮してくれました。

ポイント

  • 2500円で購入

今の価格を確認する

梱包について

梱包についてはコストカット感が否めません。

しかしパッケージのデザイン製を抜いただけで、しっかりとした梱包で間違っても商品に傷が入ると言うことはなさそうです。

開封もしやすかったです。

テープで無理やり止めると行った適当感もないので、ストレスなく開封することができました。

あと何気に電池がついてくるのはありがたいです。

ポイント

  • コストカットが目に見える
  • ただし梱包は非常に丁寧

デザインについて

デザインは流線型でいかにも人間工学を考えましたと言うデザインです。

ただしどこか日本企業ぽいずんぐりむっくりしたデザインな感じもします。

またカラーは黒一色しかありませんでした。
メインのM575は白色で汚れが目立つことがストレスだったので、雑めな扱い前提で購入のM-XT3DRBKは黒色だけで問題はありませんでした。

しかしボールのカラーは黒と赤の2色あります。僕は安いさにこだわっていたので、黒を購入しました。

ポイント

  • 人間工学ぽいデザイン
  • どことなくボテッとした印象

使い心地について

結論、うーんって感じでした。

M575を利用している影響もあるでしょうが、どことなくチープな感じでした。

このチープさの原因を探ってみたのですが、どうやらボールがあまり良いものではないようです。試しにM575のボールをはめて利用したところ快適さが増しました。

したがって、使い心地のイマイチさが気になる方は替ボールも一緒に検討することをおすすめします。

ポイント

  • M575よりは劣る
  • ただ平均以上の使い心地はある

仕事で5日間使ってみました。

結論、慣れればM575と同様高効率での作業を行うことができました。
どのくらい高効率かと言うと新入社員の僕が先輩よりも多くの作業をしているくらいでした。

しかしやはりボールの質が劣るからなのか細かい作業は不向きでした。
もし気になるのならM575を購入することをおすすめします。

ポイント

  • 慣れれば使いやすい
  • M575よりボール性能は劣る
  • ディアルモニター時にカーソルスピード調整機能が便利

ELECOM製M-XT3DRBKのメリット・デメリット

ここから客観的にM-XT3DRBKのメリットとデメリットを述べていきます。

メリット

最大のメリットはコストパフォーマンスの高さではないでしょうか。

ポイント

  • 価格が安い
  • 多機能なボタン
  • 平均以上の使い心地

M-XT3DRBKはセール時には2,500円と破格の価格で購入できる割には機能性が高いです。

機能性だけで言うならボタンが2つしかないM575に比べても、マウスのカーソルスピードの調節や電池の消費管理など便利機能が揃っているといえます。

デメリット

デメリットはこのチープさです。

ポイント

  • ボールの性能が悪い
  • 長時間利用すると腕が疲れる
  • Bluetooth接続がない

ライバル機種のM575はボールの精巧さや手の負担の少なさが魅力です。
それに対しM-XT3DRBKは普通に使っている分には問題はなさそですが、細かい作業での繊細さや長時間作業の対応度は低いです。

この違いは使った瞬間にわかるものなので、快適性をマウスに求めている方はお金を出してM575を購入した方が良いです。

ELECOM M-XT3DRBKはこんな人におすすめ

ELECOMのM-XT3DRBKを実際に利用してみてこんな方におすすめしたいと思いました。

ポイント

  • とにかく安いトラックボールが欲しい人
  • コスパの良さでトラックボールを選びたい人

M-XT3DRBKはM575に比べ性能面は劣っています。
しかし2000円台で購入できるトラックボールとしたら性能は価格以上のものを持っています。

したがってM-XT3DRBKトラックボール初心者向けの商品ではないでしょうか。

トラックボールの感覚をまずは体験してみたいと言うかたはこのM-XT3DRBKが最適です。

まとめ:コスパ重視で選びならM-XT3DRBK

ここまでM-XT3DRBKのレビューをしてきました。

ポイント

  • M575よりは劣る
  • コスパで選ぶなら最強

僕愛用のM575よりは流石に使い心地は劣るものの、
平均以上の使い心地を持っており、

確実に作業の効率を上げてくれることは間違いありません。

気になった方は是非チェックしてみてください。

またおすすめアイテムを他にも紹介していますので、こちらもチェックお願いします。

[ガジェット]ノマドワーカーおすすめのアイテム20選!

続きを見る

-ガジェット