ノマド

【エンジニアの闇】未経験からのノマドプログラマーがキツい理由!

ノマドになりたいんだけどプログラマーなどのITエンジニアがお勧めされているけど実際どうなの?

なやみちゃん

今回はこのような疑問に答えます。

この記事がおすすめな人

  • ノマドワーカーを目指している
  • ITエンジニアでノマドを目指している

最近、働く場所に縛られない働き方をしているノマドワーカーという言葉を聞くようになってきました。

その中でプログラマーからノマドを目指す方が多くなってきており、プログラミングスクールの広告もバンバン打たれています。

そこで当記事では未経験からITエンジニアを目指すのは実際どうなのかを解説していきます。

今回の結論

  • プログラム経験のある方はアリ
  • 未経験の方はナシ

エンジニアとは?プログラマーとの違いは?

まずエンジニアやプログラマーとは何でしょうか?

一言で言うとエンジニアとは技術的な専門家ということです。機械メーカーで設計を行っている人もIT企業でプログラミングを行っている人も広い意味ではエンジニアと呼ばれます。

また最もノマドを目指しやすいエンジニアはITエンジニアと呼ばれる、別名プログラマーの方々です。彼らはPC1つで仕事ができてしまうため、他のエンジニアに比べて働く場所を縛られづらく、比較的自由な働き方をしている方が多いです。

未経験者がプログラマーでノマドを目指すことをお勧めしない理由

結論、ノマドを目指すのであればプログラマーはおすすめできません。

おすすめしない3つの理由

  • 難易度が高い
  • 今後人材が多く出てくる
  • 内容によっては出向もあるから

会社でITエンジニアとして働きプログラミングスキルがある方は仕事も貰い方が変わるだけなので、問題はありません。


しかし未経験者はスキルも時間もないため、違う職種でノマドを目指す方が再現性があり、より確実にノマドを目指しやすくなります。

難易度が高い

プログミングは他の職種に比べ専門知識を用いるため、難易度が高いです。

大学や専門学校、会社でプログラミングを万でいない方がいきなりITエンジニアを目指すとなると、
働きながらの勉強となるので、時間が多くかかり挫折する可能性が高くなります。

また未経験からIT企業に転職(就職)してスキルを付けようという方も、そもそも簡単なデータ打ちだけで、プログラミングをさせてもらえない事例があるので注意が必要です。

今後人材が多く出てくる

プログラマーは人材不足です。

そのため、今は高単価な案件が転がっており、将来も安泰な気持ちがします。

しかし今後10年でITネイティブで幼少期からITに触れてきた人たちが社会に出てきます。

そんな若くてスキルもある彼らと案件を奪い合いになると、手持ちの案件が低単価ばかりとなってしまうことも多々あります。

IT業界は将来性のある業界ですが、将来性がある故に競争も激しくなるところを頭に入れておきましょう。

内容によっては出向もある

プログラマーはフリーでも企業のオフィスで働くことがあります。

なぜなら企業の機密情報などを取り扱うため、情報漏洩を防ぐために働く場所を会社から決められる場合があるからです。

ノマドワーカーになりたくてエンジニアになったのに出向先で見ず知らずの人たちと働くことになるとストレスですよね。

特にインフラ系の案件は出向が多いため、目指す場合は注意が必要です。

そもそもなぜエンジニアを目指すのか?

ノマドワーカーを目指す方はなぜか未経験からエンジニアになりたがります。
この理由は企業の影響が大きのかなと感じています。

エンジニアを目指す方が多い理由

  • 企業広告が多い
  • インフルエンサーの台頭
  • 情弱ビジネスの台頭

最近「エンジニアで自由になりました!」や「仕事ができる=プログラミングができる」といった印象をつけさせる広告が増えてきています。つまり広告でプログラマーが良い職業だと思い込まされているのです。

確かにプログラマーは世の中に必要な職種ですし、プログラミングができる人は尊敬に値します。しかしそこから自由になれる人はセンスやスキルがある人だけです。

未経験でスキルもセンスもない方は、もっと未経験者に優しいブログやライターでノマドを目指す方がカモにされづらいのではないのでしょうか。

どうしてもエンジニアでノマドになりたい方へ

未経験からのエンジニアは無理だと言われてももう決めたんだ!と言う方もいるでしょう。

そんな方はエンジニアと一緒にブログを始めることをおすすめします。

なぜブログをやるのか

  • 自分のポートフォリオになる
  • ブログからも収益が生まれる
  • 発信することで学びの効率が上がる

ブログで発信し続ければ、自分にファンが付き、もしエンジニアでノマドを目指せなくても、新しい試みがうまくいきやすくなります。

またブログで自分の実績を記しておくと、興味を持った企業から案件が降ってくる可能性もあります。

何を始めるにも自分のポータルとなるブログは持っておくと、強みとなってくれます。

まとめ:エンジニアよりも良い職種はあります

未経験からノマドワーカーを目指す方にとってはエンジニアが向かない理由を解説しました。

今回の結論

  • 未経験はエンジニアでノマドを目指すと痛い目に合う
  • どうしてもエンジニアを目指すならブログもやろう
  • 経験者はエンジニアでノマドを目指そう

エンジニアはノマドにおすすめしないと散々行ってきましたが、どうしてもやりたい!と言う方は止めません。しかしもしダメだった時の避難場所としてブログなど他の職種をかじっておくことでシフトしやすいです。

自分の信じる道を進みましょう!
今回は以上です。

-ノマド